もうちょっと詳しく、ワーキングガーデンに込めた思いを語りました

ワーキングガーデン

こんにちは!みなみです。

今日はワーキングガーデンを作るに至ったストーリーです。

ワーキングガーデンを作った理由2つ

①学ぶことのハードルをもっと低くしたい

みなみ

学校と職場のプレッシャーの力半端ないよね…

「勉強=学校」というイメージも強いです。

そして、学校はいろんなプレッシャーも大きい場でした。試験に追われ、必死になって勉強し、時に反抗しながら…

だから独学に多大なエネルギーを使うんですよね。

多くの人は学校や会社による「プレッシャーを使って自分を動かす」というシステムに体が飼いならされすぎて、これをやりたい、あれを学びたいと思っても、主体的に学ぶことに困難を感じたり、挫折してしまうことも多いです。

あと、学校行くのお金かかるよね…

まだ現代では「集団の中で何かを学ぶ」ということには、大きな費用がかかります。学校に通う、大学にいく、専門学校にいく。あえてそういうプレッシャーを感じる空間に自分を追い込むべく、学費を投資して学ぶひとも少なくないです。

もちろん、最近は無料で学べるコンテンツYoutubeなどもあります。でも、無料の学習コンテンツがいくら増えても、いかに吸収し・継続するかは、やはり工夫と多大なエネルギーが必要です。

小っちゃいころは、いろんなことに

興味があったのになあ…

不思議ですよね。子どもの頃はなんでも興味をもち、触りたがり、知りたがり、土に這う虫をどこまでも追いかけたり、雨に波打つ水面をいつまでもじっとみたり。どこまでものびていく想像力と好奇心があったはずなのに。

ワーキングガーデンでは
学校のようなプレッシャーのある空間とか距離をおく
「学習」と「人生」を切り離さないで、気軽に学び合い集中して学び合える
自由に企画したり、双方向で学び合う
お互いをリスペクトしあって、応援する
を目指しています

個人のささやかな知識やプロフェッショナルも、リスペクトしあって、伝え合い、もっと気軽に学び合う。それは大きなお金がなくたって、学び合う権利はみんなにあるはず。

②簡単につながれるのに、孤独な世界から抜け出したい

SNSで疲れてきた…

インターネットやSNSで人と簡単に繋がれるけど、「いいね!」の量でしか自分の価値を測れなくなってしまったり。Youtubeだと自分がライクするものがトップページに集約されていき、気が付くと自分の好きなものだけで囲まれた世界に…

今は愛情めいたものもお金でも買っちゃう時代?

パパ活やメイドカフェなどそうですが、つながりやふれあい、胸キュン的なものに多くの人がお金を払います。社会の中でのプライオリティがビミョーに変わってきていて、人間として普通にできていた繋がりや触れ合いも、現実でうまく作れない人も。

SNSでもなに発信するか、気にしちゃう。

社会では、自分の気持ちやアイデアを自由に表現できる場所がないし、とくに日本の社会は自分を表現する場はかなり限られています。無料のSNSで自分の気持ちをつぶやいたら、とんでもなく拡散されたりして関係ない人からのクソリプとか飛んできたりするんです。

なんとなく息苦しく、空気を読んで生活することを求められています。

ワーキングガーデンでは
自分の人格や価値を勝手に決めつけたりしない、
偏見でカテゴライズしない、
もっとニュートラルにお互いの考えをシェアし、
繋がり合える
場所を目指しています。

最後までお読みいただいて、ありがとうございました!

概要を見たい方はこちら!

コメント

タイトルとURLをコピーしました