【2019年4月修正】カナダ・ワーホリの2018年の自力タックスリターンのリアルな体験談→参考にしたサイトまとめと収入に対する実際の返戻金・日本での収入の処理など

ゆるり海外生活



※下記大幅に追記修正しました。無事返戻金を受け取りました。 (2019.4)


こんにちは!カナダのバンクーバーより、みなみです。

2019年春、自力でタックスリターンをしました。この記事では、私の2018年分のタックスリターンの時系列オンライン申請の体験談をシェアします。

書類の入力はかなりスムーズにいったのに、「CRAからメール全然来ない!」「え?CRA全然電話でねーし!」「口座振替にしたのに、なんで小切手来るの?」などリアルなプチトラブルまで満載です…w。また、

  • 書類申請の際、参考にさせていただいたサイトまとめ
  • 自分の実際の収入と返金額
  • 日本での収入を記入したその後

なども書いています。これからタックスリターンをする方は参考にしてみてくださいね。

※以下、私が個人的に調べたことなので、万が一間違っていても責任は負いかねます。何か訂正点あればぜひ教えていただけると助かります。

※かなり細かく書き残し約6000字に…。目次があるので、必要な個所だけ読んでくださいね。


<前書き「タックスリターンとは?」>

タックスリターンというのは前年の1月~12月までの税金の計算・精算するイベント(?)です。これによって、その人の支払うべき正確な税金を計算します。日本でいう「確定申告」とほぼ同じ意味です。

で、日本の場合はサラリーマンだと「年末調整」といって、半自動的に会社で所得税を計算してくれて自動で返金や追徴(多くの場合は返金)をするため、確定申告をする必要のない人が多いです。しかし、カナダにはそういったシステムはなく、カナダに住む人は皆タックスリターンをします。カナダに在住していた人は学生・無職に限らず義務で、これをやっていないとビザや移民に影響があると言われています。 

通常、どこかの会社や店舗に勤務している場合はあらかじめ給料から少し多めに税金としてお金が差し引かれていますが、このタックスリターンの時期にその人の正確な納税額を計算して、納めていた分が多かった人には返金、逆に少なく納めていた人足りない分を追徴(多く払うように命令)されます。 

【はじめに】自力でできるけど、代行を頼んだ方がいい場合も

ネットでサーチしてると自力でやっている方も多い!でも、心配だったり、手続きが少し面倒になりそうな方は会計士さんにお金を払って代行も頼めます。見つけた最安で約35ドルから。

特に近日中に帰国or銀行口座を閉める予定の方は、日本の口座に振り込んでくれるサービスを使用したほうがよいかも。残念ながら、日本にいながらカナダのタックスリターンを自力でした人の記事は発見できず。

タックスリターンでお金が戻るまではタイムラグがあります。早ければ数週間で小切手をゲットできますが、帰国に間に合わないと意味ないですよね…。

タックスリターン代行業者

【ワーホリの人、もう済んだ?】藤井公認会計事務所があなたのタックス・リターンやっちゃいます! | LifeVancouver カナダ・バンクーバー現地情報

インカム・タックス・リターンお助け隊●カナダ・バンクーバー

タックスリターン概要

【用語解説】「T4」「CRA」「NETFILE」とは?

  • 「T4」とは、源泉徴収票です。その年いくらの収入があり、うち現時点でいくらの税金を徴収しているかが書いてあります。
  • 「CRA」(Canada Revenue Agency)とはカナダ歳入庁、タックスリターンを担当する政府機関です。CRAはT4と書類をもとにして、実際の税金額を計算し、多くもらった分を返戻、つまり返してくれます。
  • 「NETFILE」というのは、「オンライン申請用の書類」または「その書類提出する」のことです。オンライン申請をする場合は、CRAのサイトで直接するのではなく、まずはNETFILEを利用できるサイト(simple taxなど)を探すところから始めます。

「自力タックスリターン」のおおまかな流れ

まずはSimpleTaxなどを通して、タックスリターンの書類をオンラインでfile(提出)した後、CRAからメールが届き、登録がします。

ちなみに、タックスリターン初めての方は、すぐにCRAにアカウント登録できません。ドキュメントを作る前にCRAに登録しようとすると、SINナンバーを打った後エラーではじかれそれ以上進めません。なので必ず、書類提出から始めます。

そして、CRA登録後も口座登録など機能が一部制限されています。全ての機能を解放するにはさらに「セキュリティコード」の受領と登録が必要です。

※ただこのセキュリティコード、来年もカナダに住む予定の方もしくはカナダの銀行を残しておく人は登録する方がいいと思います、正直ワーホリだけの予定で帰国する方はそんなに重要じゃないかも。。後でくわしく書きます。 

【サイトまとめ】NETFILEが作れるウエブサイトと解説サイト

NETFILEを作って提出できるウェブサイトは以下の通り。

ネットで一番情報が多く転がってるのはSimpleTaxなので特にこだわりが無い人はSimple Taxでいいんじゃないでしょうか…私はたまたまturbotaxでやりました。

【ウェブサイト別!ハウツーがわかる解説サイト一覧】

下記のサイトで日本語&わかりやすい図解付きの解説がいっぱいありますよ。書類の作り方~返戻までの詳しい流れはこちらから見て下さいね!

【simple tax】

・「マキナビ」さん

簡単・早い!エージェントを使わなくても自力でできる!オンラインでカナダのタックスリターンをする方法【2016年度版】(1/3) – マキナビ

・「人より1.5倍得する人生」さん

カナダ在住者必見!自分でインカム・タックスリターンを簡単にする方法!!! – 人より1.5倍得する人生

・「ワーホリ・留学・旅行ブログ『ディズカリ!!』」さん

無料で自分でできる!超簡単なカナダのタックスリターンの方法を紹介! – ディズカリ!!

【Turbo tax】

・「Eastbound」さん

【ワーホリ必見】カナダでタックスリターンしたら1500ドル以上返ってきたから、やってない人は絶対にやるべき。 | Eastbound

・「小まごの手」さん

カナダのタックスリターンを自分でネットから申請するやり方お教えします!

【H&R Block】

・「柑橘部屋」さん

~【カナダ・バンクーバー】オンラインでタックスリターン?~ | 柑橘部屋・「MASHUP」さん

MASHUP: カナダのタックスリターン5つのステップ前編(備忘録)

【おすすめポッドキャスト(3人のリアルな体験談付き)】

anchor.fm

私がやった2018年分のタックスリターンの足取り

ここからは私が時系列にそって、私がどう提出したかを(トラブルも含め)シェアしていきます。

2019.2.12 turbo taxにて書類をオンライン提出したが、CRAが休み?

以下、2018年分の書類作成~返戻金受け取りまでの私が実際にたどった流れを書いていきます。

雇用主からもらったT4を片手に、Turbo taxに登録を進めます。T4は紙媒体かPDFでもらえます。1月以降雇用主からもらうか、もらえるように連絡をしておきましょう。

実際の入力方法については、ここでは割愛。上記の解説サイトを見てね!

そして、2月12日提出を完了するも、その後、2月18日までCRAのNETFILEプログラム(オンライン申請)お休みと知ります

f:id:agrigirl618:20190213075229p:plain

書類を提出しましたが、その日、CRAからメールは来ず。どうやらしばらくCRAはお休みだからかな?と、しばらく連絡待ちということになるなと思いました。

2019.3.1 【追記ここから】3月明けてもCRAから連絡がこない

2月末になり、TurboTaxを通して2/12にドキュメントをCRAに提出したはずなのですが

「CRAから速攻来るらしい」メールがこない…

CRAのウェブサイトの初期アカウント登録作業もできないままです。

2/12の受信ボックスを見ても「Thank you for using Intuit Canada’s TurboTax」という件名のメールがTurbo Taxから来ているだけです。

このメールの中身は今回のturbotaxの使用に関する領収書(実際は無料利用なので$0)のような内容。

前述のとおり、CRAも長期休み(~2.18)までお休みだったので、ゆったりのんびり構えて待っていました。が、さすがに3月に入って焦り始めます。

2019.3.3 書類を再提出

「本当に完了しているのかな?」と、Turbo Taxのウェブサイトに戻って、もう一度最後まで送信をしてみようと思ったのです。

すると…

f:id:agrigirl618:20190411032123j:image

このようなページに。。

またすすむと…

f:id:agrigirl618:20190411161822j:image

前回このようなものがでなかった気がする…と不思議に思いました。

するとメール通知音がなり、

f:id:agrigirl618:20190411031636j:image

 turbotaxからメールでした。

そしてなんと、その直後に「Registration Succesful」と、CRAからメールがきました! どうやら、私の提出作業が完了していなかったようです…(;^_^A 気が付いてよかったです。

2019.3.3 即座にCRAからのメールが届き、やっとCRAの登録手続きへ

そしてその日中にCRAからメールが届きます。 そしてCRAの登録をはじめます。会員登録(?)まではできましたが、

f:id:agrigirl618:20190411162236j:image

上記のように「セキュリティコードが必要ですよ」とでており、CRAの完全利用がまだできません。。つまり口座も登録できないまま…

ちなみに、セキュリティーコード受け取りのために2つの方法があり、

  1. 電話を選択・本人確認→パソコンメールにコードが届く
  2. 郵送を選択し、コードを郵送してもらう 

わたしはちゃっちゃか終わらせたかったので、①を選択し電話をしてみることにしました

2019.3.8 電話確認をあきらめ、セキュリティコードの郵送を選択

電話をしましたが、オペレーターがでるのを待ちますが、10分待っても電話がつながりません…。数日後あきらめて、「郵送でコードを送ってもらう」にCRAのサイトから設定を変更し、届くのを待ちます。

2018.3.11「2018 Notice of Assessment」が見れるようになる

CRAのサイトにて「2018 Notice of Assessment」が更新されました。この書類上で正式な返戻金の額などが確認できます。完全に政府側で計算が終わったよ!ということですね。

ちなみにこの書類、国際送金(私の場合はTransfer Wiseの書類に)本人確認書類に使うのにも便利でした。(また後日詳しく書きますね)

2018.3.12 セキュリティコードが郵送で届く!税金の返戻先の口座を登録

セキュリティコードが届いたのは、3/12でした。早速、口座を登録し、口座にいつ振込が来るかな~とワクワクして待っていました。

2018.3.15 なんと返戻金が小切手が郵送で届く。あれ?口座振替は?

「トミー、なにかカナダ政府から届いたよ?ビザかな?」

外出中、自宅にいた彼おさるくんからLINE。当時延長用の観光ビザも申請していたので、おさるくんにお願いして中身を確認してもらうとなんと返戻金の小切手が入ってるではありませんか!?

なんで?口座登録したのに~~!?

驚きを隠せませんが、ひとまずこれを銀行に入れて完了しました!

【振り返り】提出から約2週間で返戻まで。

初回で口座振替にするのは至難の業?

その後調べたのですが、ネットでも初回のタックスリターンで「口座振替」で返戻金を受け取った方が見つからない。

そして、多かったのは「口座振替をするためにセキュリティコードを登録したのに、すでに小切手が郵送されていた」「セキュリティコードが小切手の後に郵送で届いた」という話です。

比較的スムーズに電話で本人確認してセキュリティコードを貰ったけど、小切手になったという話もありました👇

簡単・早い!エージェントを使わなくても自力でできる!オンラインでカナダのタックスリターンをする方法【2016年度版】(3/3) – マキナビ

 最初は「2018 Notice of Assessment」が出た時点で口座登録をしなかったからかと思いましたが…。。そして、こんな大事な小切手、受け取りの本人確認をもなしで他のチラシと一緒に入ってました。ストライキも多く郵送事情が決していいとは言えないカナダです。本心は口座振替がよかったのですが、どうしようもなかったです。

セキュリティコードの登録そんな焦らなくてよかったわ…

提出から2週間て、意外とスムーズに返戻金きた

ドキュメントのfiling(提出)から、小切手が届くまでおおよそ2週間弱。

ウエブサイトによっては数か月とありましたが、この3月頭という比較的混まない時期だったのもあり、比較的早く返戻金を受け取ることが出来ました!

これはよかった!

【余談①】返戻金、一体いくら戻ってきた?

返戻金が決まるまで、気になりませんか? 

いくらググっても、明確な返戻金の計算方法などは見つからず、かといって英語でその計算方法を見つけるのもなー。「稼ぎすぎると税金が追徴される」という恐ろしい説もあるし、それを恐れていましたが…無事返戻されました。

なので参考までに、私の実際にリアルで稼いだ額と、それに対する税金をここで提示します。 

f:id:agrigirl618:20190411062341j:image

すみません勢いよく〇して、一部数字がつぶれていますが…w 書き込みますと、

 ・私の前年の総収入は    $16,229.20

・対して払うべき税金は      $348.86

・すでに払っているのは   $1,360.53

・返戻金                             $1011.67

という結果でした。結構戻ってきましたね!

こちら、自分の収入との参考にしてみてくださいね。でも、あくまでも参考に。個人の条件や住む州、年度、法律の変更によっても変動が起こる可能性があります。

ちなみに上の画像はturbo taxでの見積もりです。CRAが実際に出した返戻金もこれとピッタリ同額。assesmentが出る前におおよその返戻金が分かって助かりました。

【余談②】日本での収入をカナダで申告しました

 わたしは同年オンライン家庭教師「まなぶてらす」にて、受注・請負という形で(つまり会社員ではなく事業主として)仕事もさせていただいていて、住民票を抜いていたため、源泉徴収もなく、日本に税金を支払っていませんでした。

なので、カナダにて申告する必要があると考え、正直にレートで計算した額を申告しました。

この辺はバレないからいいかと思って申告しないと、たしか税務の国際協定を結んでいるか何かで後々追いかけられた時面倒だと判断しました。

正直これがすごく不安で、どのくらい課税があるかひやひやでした。しかし、結果として、ほぼ課税なし。よかったです。

 以上長くなりましたが、報告でした。こちら参考になれば幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました